2006年11月29日

若槻千夏の病気名前判明

11月4日に収録現場で、下痢と発熱の症状を訴え、ダウンした若槻千夏(22)。

重病説、妊娠説など、ネット上では連日のように憶測が飛び交う事態になっていたが、ついにその病名が判明した。

若槻の病名は"神経性胃炎"と"潰瘍性大腸炎"。⇒geinojin ranking

テレビとラジオを合わせて8本のレギュラーに加え、年末特番の収録も連日重なるのだから、過労になるのも無理はない。病気とは程遠いと思われていた若槻もついにドクターストップとなった。

現在は実家で療養中だという彼女。ダウンする直前の様子を、テレビ局のディレクターが暴露している。⇒ ranking
(以下引用)
「あんなに頭の回転が速い若槻が、答えに窮する時が多くなっていたので『疲れているんじゃないか』と聞いたんです。

本人は『レギュラーの仕事の後に、(フジの正月特番の)かくし芸の練習が毎日6時間ッすよ。きついッス。マジやってられないッス』と吐き捨て、疲れた表情で『ウチの事務所は仕事入れすぎ!』と露骨に嫌な顔をしていました」[引用元:アサヒ芸能 より]⇒geinojin ranking

重病説などがウワサされていただけに、大事に至らなくてよかったですね。

でも、それならそうと初めから病名を明かせばいいのにと思うのですが。いろいろと事情はあるのでしょうけど。

現在はドクターと相談しながら復帰の時期を検討中だそうです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/28542535
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。